painting-fingernails-635261_640

爪を伸ばす4つの方法!伸びない5つの原因も徹底解説【体の不調のサイン】

「爪がなかなか伸びない」と感じている人はいませんか?爪が伸びないのは、体からの不調のサインである可能性が高いです。不調のサインを見落とさずに、きちんと対処しておきましょう。

 

爪が伸びない原因と爪を伸ばす方法をまとめました。あなたの爪が伸びない原因は、何でしょうか?

爪が伸びない5つの原因

painting-fingernails-635261_640

 

爪が伸びない原因は何でしょうか?爪は皮膚の一部で、手の爪は1日0.1~0.15mm程度伸びるのが正常とされています。足の爪はその半分程度のスピードです。

 

そのため、手の爪は1週間に1回程度は爪切りをしなければいけないのですが、「そういえば、最近、爪切りをしていないな」とか「爪切りをしていないけど、全然伸びてこない。最後に爪切りしたのっていつだっけ?」のように感じている人は、爪が正常に伸びていない可能性があります。

 

爪は皮膚の一部で、その爪が正常に伸びないのは、体からのSOSのサインが出ているからかもしれません。

 

爪が伸びない原因を5つご紹介します。

 

 

栄養不足

food-1283108_640

 

爪が伸びない原因の1つ目は、栄養不足です。爪は何からできているか、どんな成分で構成されているか知っていますか?

 

爪はケラチンというタンパク質から作られています。ケラチンってどこかで聞いたことがあるという人も多いかもしれませんね。そうです。ケラチンは髪の毛の主成分でもあります。

 

爪と髪の毛は同じ成分で作られていたんです!爪の成分であるタンパク質が不足していたら、当然ながら爪は伸びません。

 

 

冷え性

0b55c3b87f85bcd4f3a95056b2f8d6fa_s

 

爪が伸びない原因の2つ目は、冷え性です。冷え性の女性は多いですよね。冷え性になると、「寒い!」というだけではありません。全身の血行が悪くなるというデメリットがあります。

 

冷え性は体温が低いので、血管が収縮してしまうんです。そうすると、血行が悪くなります。

 

大きな血管はそれほど影響を受けないのですが、皮膚表面に近い血管、末端に近い血管はもともとが細いので、収縮してしまうと、血液が流れる量が極端に少なくなってしまうんです。

 

皮膚表面に近い末端の血管は、ちょうど爪のある部分の血管ですよね。ということは、冷え性の人は爪周囲の血流が異常に悪いということになります。

 

爪周囲の血流が悪くなれば、爪が伸びるのに必要な酸素や栄養素が爪に運ばれなくなりますので、爪が伸びない原因になるのです。

 

 

爪の噛み癖

211497e9ffb96a0640680ad2c2bd3b19_s

 

爪が伸びない原因の3つ目は、爪の噛み癖です。お子さんの爪がなかなか伸びなくて、心配しているご両親は、お子さんの様子を観察しましょう。もしかしたら、こっそり爪を噛んでいるのかもしれません。

 

お子さんの爪がギザギザしていたり、歯形がある場合は、爪の噛み癖がある可能性が高いです。

 

爪の噛み癖があれば、噛んで爪を削っているようなものですので、爪は伸びているものの、爪が伸びないように見えてしまうんです。

 

 

爪周囲炎

paronychia_01

出典:joa.or.jp

 

爪が伸びない原因の4つ目は、爪周囲炎です。「そうしゅういえん」と読みます。爪の周囲は何かと傷ができやすいですよね。

 

ささくれができたり、ちょっとした切り傷ができたり。深爪をすることもあります。そのような傷から雑菌が侵入すると、そこで炎症を起こし、化膿します。そうすると、その炎症は爪の根元部分に向かって広がっていきます。

 

この爪周囲炎を起こすと、炎症を起こした部分が腫れて赤くなり、さらに痛みが出てきます。ズキズキとした痛みで、痛みが強い場合には眠れないこともあるほどです。

 

爪周囲炎が起こると、炎症が爪の発育を邪魔しますので、爪が伸びなくなってしまうのです。

 

 

黄色爪症候群

4346cea22fa8566f37faa541d620136d_s

 

爪が伸びない原因の5つ目は、黄色爪症候群です。これは、「おうしょくそうしょうこうぐん」と読みます。

 

黄色爪症候群が、その病名の通り、爪が黄色になってしまう病気です。黄色爪症候群は、まれな疾患で原因不明とされていますが、リンパの流れが滞ることが根本的な原因ではないかと推測されています。

 

黄色爪症候群になると、爪が黄色になること以外に、リンパ浮腫と胸水貯留などの呼吸器病変の症状が現れます。

 

爪は黄色~黄緑色の巻き爪様になり、さらに爪が分厚く硬く変化していきます。さらに、爪が伸びなくなります。

 

リンパ浮腫は下肢に出ることが多く、脚がむくんでパンパンになってしまいます。そして、胸水が溜まったり、気管支拡張症などの症状が現れます。

 

さらに、副鼻腔炎や咳、心嚢液の貯留や腹水の貯留、免疫不全疾患、甲状腺疾患、低グロブリン血症、ネフローゼ症候群などの病気を合併することが多い病気です。

 

40歳以上の成人に発症する病気になります。

 

 

爪を伸ばす4つの方法

爪を伸ばすためには、どうしたら良いのでしょうか?女性はオシャレのために爪を伸ばしたいという人も多いですよね。

 

また、爪が伸びないのは、説明した通り体の不調や病気が原因のことが多いですから、そのまま放っておくと、その状態がさらに悪化してしまいます。そのため、早めに対処して、きちんと爪を伸ばすようにしましょう。

 

 

体を温める

ddfa8459c94f50ab0ba3b1d0ea8e42b9_s

 

爪を伸ばすためには、体を温めて冷え性を改善することが大切です。体を温めれば、全身の血行が良くなりますので、手足の先までしっかり血液が流れます。

 

そうすると、爪を伸ばすために必要な栄養や酸素が爪に届きますので、爪が伸びやすくなります。

 

爪がある部分、つまり手や足の先は全身の中で最も血流が悪くなりやすい部位です。心臓から遠いですし、血管が細いですから。

 

そのため、爪を伸ばすためには、しっかり体を温めて、血行を改善しましょう。

・寒い日は手袋&靴下で保温
・入浴はシャワーだけでなく湯船に入る
・筋トレをして筋肉量を増やす
・適度な運動をする
・冷たい食べ物・飲み物は控えめにする
・ショウガや小豆、根菜など体を温めるものを食べる

このようなことに気を付けていると、少しずつ冷え性が改善して、爪への血流が良くなり、爪が伸びるようになるはずです。

 

 

食生活を見直す

asparagus-2169305_640

 

爪を伸ばすためには、食生活を見直すことも大切です。女性はダイエットのために、食事制限をしている人が少なくないですよね。また、忙しくて外食やジャンクフード、コンビニ弁当が中心の食事になっている人もいると思います。

 

そうすると、爪の原料であるタンパク質が不足してしまうので、爪が伸びなくなるんです。爪を伸ばすためには、あなたの食生活を見直してください。

 

タンパク質は不足していないでしょうか?タンパク質はなんでも摂れば良いというわけではありません。良質なタンパク質を摂る必要がありますし、動物性たんぱく質と植物性たんぱく質の両方をバランスよく摂取する必要があります。

 

また、爪を早く伸ばすためには、タンパク質以外にも、次の栄養素を積極的に摂ってください。

ビタミンA=緑黄色野菜、レバー、ウナギ
ビタミンB2=レバー、卵、大豆製品
ビタミンE=たらこ、ナッツ類、アボカド
=海藻類、小松菜、レバー、大豆製品
亜鉛=牡蠣、ゴマ、卵

爪を早く伸ばすため、さらに爪をきれいに伸ばすためには、これらの栄養素を積極的に摂りましょう。

 

もちろん、これらの栄養素だけを摂っていれば良いというわけではなく、5大栄養素である炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルをバランス良く摂るようにしてください。

 

 

トップ・コートを塗る

green-1838142_640

 

爪を伸ばす方法、次は爪の噛み癖がある子ども向けの対策方法です。爪の噛み癖がある子どもには、トップコートを塗りましょう。トップコートといっても、マニキュアの後に塗るものではありません。

 

似たようなものではあります。爪に塗るものですから。ただ、噛んで口に含むと、苦みを感じます。苦みを感じるため、子どもは爪を噛まないようになるんです。

 

このトップコートは皮膚科等で処方してもらえます。皮膚科や小児科を受診して、相談してみると良いでしょう。

 

噛み癖をそのままにしておくと、爪がどんどん短くなりますし、傷を作って、爪周囲炎をおこしやすくなります。

 

 

皮膚科を受診する

efe65eba52a53f9249a6aa82d9f125fb_s

 

爪を伸ばす対策の最後は、皮膚科を受診することです。爪周囲炎は免疫力が低下していなければ、基本的にはそのまま放っておいても、自然に治ります。

 

でも、痛みが強いですし、爪周囲炎が起こっていると、なかなか爪が伸びませんから、皮膚科で抗生剤等を処方してもらって、早めに治すようにしましょう。

 

黄色爪症候群は内科の疾患です。ただ、素人には爪が黄色くて伸びないからというだけで、黄色爪症候群と判別できませんよね。

 

そのため、爪が伸びないと感じたら、とりあえずは皮膚科を受診してOKです。爪は皮膚の一部ですから、爪の異変を感じたら、皮膚科を受診しましょう。

 

もし、皮膚科医の診断の結果、黄色爪症候群の可能性が高いと感じたら、内科を紹介してもらえます。

 

 

まとめ

爪が伸びない原因の伸ばす対策をまとめました。爪が伸びないのは、体からのSOSのサインであり、体の不調や病気が原因の可能性が高いです。

 

爪が伸びない場合は、そのままにしておくのではなく、きちんと対処して、体からのSOSのサインを見逃さないようにしましょう。

HAPIETトップページに戻る

記事に関連するキーワード

関連する記事①

45cab26b51a6621e10c423c07370c499_s

【足の親指の痛み】外反母趾が痛い理由&治し方9選【早めの対処が重要!】

外反母趾に悩んでいる女性は多いと思います。外反母趾があると痛くて、歩きたくないですし、オシャレな靴が履けなくなるので、何とか治したいですよね

74841fa913cd43168ca99f53934a387c_s-300x200

【頭が痛い】頭痛の種類と原因・今すぐできる治し方まとめ

頭の痛みは深刻ですよね。頭が痛いと何もやる気が起きませんし、頭痛が起こるかもと思うと、それだけで憂鬱になることもあります。   頭

65af1b20ba186ef1c2dcf8358e4e1318_s-200x300

【腰が痛い】腰痛の9つの原因と病気、11個の治し方まとめ【チェックリストあり】

「腰が痛い…」と腰痛に悩んでいる人は多いと思います。腰痛というと高齢者に多い症状というイメージがありますが、実は20~30代の若い世代にも腰

face-274649_640

鼻を高くする方法5選+α!低い原因も徹底解説【参考動画あり】

自分はもともとこういう顔だから、と割り切れる人は良いでしょう。しかし中には顔にコンプレックスを抱き続け、何とかして見た目を変えたいと望んでい

c5b9e1662682c8885d272c239bbf8050_s

XO脚の原因と4つの症状&改善・矯正・治し方6選【目指せ美脚!】

最近、若い女性に増えているのが、XO脚という脚の形です。また、XO脚と似たような足の形に、膝下O脚というものがあります。 XO脚と

関連する記事②

1

お尻歩きダイエット6つの効果・方法・口コミ【美尻エクササイズ!】

お尻歩きダイエットの情報をお探しですか? お尻歩きって何?と思っていましたが、なかなか良いのですよ。床に座ってお尻を使って歩くだけ

3d11eb4d44968ba84de5f102f2c7fda3_s

黒ニキビの芯の正体&2つの原因と9つの治し方【潰すことも可能】

「あれ?こんなとこに黒いホクロ?」と思ってよく鏡で見てみると、実は黒ニキビだったということがありますよね。 黒ニキビの原因や治し方

%e8%80%b3%e3%81%a4%e3%81%bc%ef%bc%92

【食欲抑制】耳つぼダイエット4つの効果・成功のやり方まとめ【痩せた口コミは?】

耳つぼダイエットってご存知ですか?  けっこう有名なので体験された方もいらっしゃるかもしれません。耳にはたくさんのつぼがあって、中

運動7

芸能人のダイエット特集!運動で痩せた方法8選まとめ

芸能人の運動ダイエットの情報をお探しですか? 芸能人の方々にも運動系ダイエットはかなり人気があるようで、皆さんいろんなことをされて

%ef%bc%91

コアスリム3つの効果・使い方・口コミまとめ【ダイエット座椅子】

コアスリムってご存知ですか?  こたつでも使えるダイエット用の座椅子なのですが、骨盤矯正に効くものなのです。パッとみるとへんてこな

記事へのコメント

HAPIETとは

HAPIET [ハピエット]は「女性のコンプレックスを解決する」がメインテーマの情報まとめサイトです。女性が美しくなるために必要な食事・運動・筋トレ・ダイエット方法、そして美容や健康全般に関する情報をまとめています。