b0c0855a0421ce571e7f5e4fa331fff0_s-200x300

【幼児・児童】子供の熱の原因と4つの対処法まとめ!熱性けいれんの対処法も!

子供に熱が出ると、ママとしては「どうしよう?病院に行く?どうやって熱を下げる?そもそも、何が原因?」と軽くパニックになってしまうと思います。

 

ただ、ママが慌てていても子供の熱は下がりません。大切な我が子に早く元気になってもらうために、子供の熱の原因と対処法、病院受診の目安を学びましょう。

熱はなぜ出るの?

b0c0855a0421ce571e7f5e4fa331fff0_s

 

まず、子供の熱の原因を知る前に、熱はなぜ出るのかを確認しておきましょう。熱が出るということは、どういうことなのでしょうか?

 

熱が出るのは、免疫機能が身体を守ろうとしているためです。生体防御反応の1つですね。熱が出ると、体温が上がります。高温の環境では、発熱の原因となる細菌やウイルスが繁殖しにくいですから、熱を出すことで、細菌やウイルスの増殖を抑えているのです。

 

また、体温が高くなると、細菌やウイルスに打ち勝つための免疫機能を高めることができます。発熱はからだを守って、早く元気になるために必要なことなんですね。

 

 

子供(幼児・児童)の熱の原因=鼻水や咳を伴う

子供の熱の原因は何でしょうか?子供が熱を出す原因となる病気はたくさんありますので、熱以外の症状別に熱の原因を紹介していきます。まずは、熱以外に鼻水や咳の症状が出ている場合です。

 

 

風邪

b583fd50fd83d67c8121e735deaad525_s

 

子供が熱を出して、さらに鼻水や咳を伴う場合、最も多いのが風邪です。特に、保育園や幼稚園に入園すると、お友達から風邪をうつされることが多くなりますので、治ったと思ったら、またすぐに風邪をひいて熱を出すということもよくあることです。

 

 

インフルエンザ

d2e1a9bce398024f70a47fa92b4023ae_s

 

インフルエンザは、毎年11月から3月ごろにかけて流行しますね。インフルエンザを発症すると、風邪よりも高い熱が出ることが特徴で40℃近くまで熱が上がることもあります。

 

また、最初に悪寒や震えなど症状が現れ、そこから一気に熱が上がり、それから鼻水や咳などの症状が現れます。

 

 

気管支炎

448545

 

風邪のウイルスが気管支にまで入り込み炎症を起こすと気管支炎を発症します。気管支炎は鼻水やのどの痛み、悪寒などの症状と共に、37.5~38.5℃の発熱があります。

 

その後、悪化すると熱はさらに上がり、39℃前後まで上がることもあり、高熱は3~5日間続きます。

 

熱が下がった後も、咳はしつこく残ることが多く、完治までに数週間かかることも珍しくありません。

 

 

肺炎

3b6a7c3cb866806476e87060aff25e4d_s

 

細菌やウイルスが肺で炎症を起こすと、肺炎を起こします。子供が肺炎を起こす原因となるのは、マイコプラズマやインフルエンザ、RSウイルスなどです。

 

肺炎を起こすと40℃近い高熱が続き、咳や鼻水を伴います。特に、マイコプラズマ肺炎は熱が下がった後も咳がずっと続き、1ヶ月も咳が続きことはよくあります。

 

 

子供(幼児・児童)の熱の原因=下痢や腹痛、嘔吐を伴う

子供の熱の原因、次は下痢や腹痛、嘔吐を伴う発熱の原因についてです。

 

 

食中毒

c7edc126a01cbf2c4b402a81dd582705_s

 

下痢や腹痛、嘔吐を伴う発熱の原因の1つ目は、食中毒です。食中毒を起こす原因菌は、カンピロバクターやサルモネラ菌、ビブリオ菌、ブドウ球菌、病原性大腸菌などがあります。

カンピロバクター=発熱や下痢、血便

サルモネラ菌=発熱や悪寒、粘血便、吐き気

ビブリオ菌=発熱や水様便、嘔吐、頭痛

ブドウ球菌=発熱、嘔吐、腹痛

病原性大腸菌=発熱や腹痛、潜血便

 

家族で同じものを食べていて、子供だけでなく、家族にも症状が現れたら、食中毒を疑いましょう。

 

 

ロタウイルス

e92b091f90e3e809fbb82f8bbaac602f_s

 

ロタウイルスは2~3月にかけて流行する急性腸炎の原因ウイルスです。ロタウイルスに感染すると、発熱のほかに嘔吐や腹痛、下痢などの症状が現れます。

 

ロタウイルスの症状で特徴的なものは、便の色です。ロタウイルスの便はクリーム色のような白色便で、「米のとぎ汁のようだ」と表現されます。

 

ロタウイルスはワクチン接種をしていないと、5歳までにほぼ100%の確率で感染すると言われていますので、子供にとても多い急性腸炎と言えるでしょう。

 

 

ノロウイルス

3a422978526c3e2e788f8c8904f84b45_s

 

ノロウイルスは毎年年末年始にかけて流行する急性腸炎の原因ウイルスです。発熱と共に、腹痛や激しい嘔吐、下痢が特徴になります。

 

ノロウイルスは感染力が非常に強いため、家族内で感染が起こることが多いですので、家族内に1人でもノロウイルス感染者が現れたら、感染を広げないように吐物の処理や消毒には細心の注意を払わなければいけません。

 

 

腸重積

00575_01

 

腸重積は生後半年から2歳までの子どもに多い病気で、腸が重なってしまうことで、腸への血流が途絶え、腸の細胞が壊死してしまう病気です。

 

腸重積になると、発熱以外に腹痛や粘血便(イチゴジャムやケチャップのような)、顔面蒼白などの症状が現れます。特に、腹痛は周期的に痛みが襲ってくるので、火がついたように突然泣き出したと思ったら、15分すると泣き止み、また15分後に泣き出すという特徴があります。

 

腸重積は早めに対処すれば、完治が可能ですが、発見が遅れると、開腹手術を行わなければいけません。

 

 

子供(幼児・児童)の熱の原因=発疹を伴う

子供が熱を出した時の原因、次は発熱以外に発疹の症状が現れた場合です。

 

 

川崎病

2d6642087a2e667633182bafd7b20977_s

 

発熱以外に発疹が現れたら、川崎病の疑いがあります。川崎病とは全身の血管に炎症が起こる病気で、発熱や目の充血、舌や唇が赤くなる、全身の発疹、手足のむくみ、リンパ節の腫脹の症状が現れます。

 

川崎病の怖いところは、冠動脈瘤ができる可能性があることです。冠動脈瘤ができると、将来的に心筋梗塞を起こす可能性が高くなるのです。

 

川崎病は4歳以下の子どもに発症しやすい病気ですので、発熱と共に発疹や目の充血、舌や唇が赤くなるなどの症状が現れたら、早めに医療機関を受診するようにしましょう。

 

  •  

    はしか

はしかは麻疹ウイルスが引き起こす病気で、最初は38℃の発熱や咳、鼻水、くしゃみなど風邪と似たような症状が現れ、さらに口の中に白い発疹が現れます。

 

その後、いったん熱は下がるものの、今度は39℃の高熱が現れ、全身の発疹が現れます。はしかは非常に感染力が強く、乳幼児の場合は脳炎や心筋炎、肺炎などの合併症を引き起こして、死に至る可能性もあります。

 

 

水ぼうそう

水ぼうそうは、ヘルペスウイルスが原因の感染症で、最初は37℃程度の微熱が現れます。その後、水ぼうそう特有の小さな赤い発疹が現れ始めます。

 

最初は腹部や顔に発疹が出て、やがて全身に広がります。この湿疹は水疱となり、さらにかさぶたになっていきます。かさぶたが剥がれ落ちるまでには、発症から3週間程度かかります。

 

 

溶連菌感染症

溶連菌感染症は39~40℃の高熱が出ると共に、喉の痛みが特徴で、その後は全身に小さな発疹が現れます。また、舌にイチゴのようなポツポツとした発疹ができる「イチゴ舌」も溶連菌感染症の特徴の1つです。

 

 

突発性発疹

突発性発疹は多くの赤ちゃんが経験する病気で、不顕性感染で症状が出ないこともありますが、2~3歳までにはほとんどの子供が突発性発疹を経験しています。

 

突発性発疹は38℃以上の高熱が現れ、3~4日で熱は下がるものの、熱が下がった後に胸やお腹に赤く小さな発疹が現れます。

 

 

ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナとは夏風邪の1つで、4歳以下の赤ちゃんや子供がかかりやすい感染症です。ヘルパンギーナは38℃以上の高熱と、口の中にできる水疱や潰瘍が症状の特徴となります。

 

 

風疹

風疹は三日はしかと呼ばれる感染症で、38℃の熱が出て、耳の後ろのリンパ節が腫れるほかに、ピンク色の細かい発疹が全身に広がっていきます。風疹ははしかよりも軽症で、3~4日で発熱も発疹も治ることがほとんどです。

 

 

 

子供(幼児・児童)の熱の原因=そのほかのもの

子供の熱の原因には、そのほかにもたくさんあります。子供の熱の原因の中で、今までご紹介したもの以外で代表的なもの、深刻なものをご紹介します。

・脳炎

・髄膜炎

・腹膜炎

・中耳炎

・尿路感染症

・流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)

・熱中症

・アデノウイルス

子供(幼児・児童)の熱の原因は、とても幅広いのです。

 

 

子供が熱を出した時の正しい対処法

子供が熱を出した時は、ママは落ち着いて対処する必要があります。ママが落ち着いて適切な対処をすれば、重症化せずに熱は早く下がります。

 

 

水分補給はしっかりと

a2a52cc9092fb70f7700f8cf8143ba0d_s

 

熱が出ている時は、水分補給はしっかりと行ってください。熱が出ている時は、不感蒸泄が増えていますので、油断するとすぐに脱水になってしまいます。

 

特に、子どもは脱水になりやすいですし、自分から水を飲もうとしないこともありますので、ママやパパが水分補給を促して、白湯や子供用のイオン飲料を飲ませてください。

 

大人用のスポーツドリンクは、糖分が多く、熱で弱っている子供の胃腸に負担をかけてしまいますので、必ず子供用のイオン飲料を飲ませるようにしましょう。

 

 

食事は無理に食べさせる必要なし

606d36f8fd610baa8c9f6b380ed2f14d_s

 

食事は食欲がなければ無理に食べさせる必要はありません。熱があるときは水分さえ取れていればOKです。

 

ただ、食欲があれば、普段通りのものを食べさせて良いのですが、咳などの症状がある時は、食べ過ぎると咳をしたことがきっかけで嘔吐してしまうことがありますので、食べ過ぎには注意しましょう。

 

 

状況に応じて温度調節をする

44f53f15eb2700d588409d851bab3514_s

 

熱がある時は温めるべきなのか、冷やすべきなのか迷ってしまうママもいると思います。もし、手足が冷たくで震えている時は、今から熱が上がってくるというサインですので、布団をかけて温めてあげましょう。

 

熱が上がりきった後は、顔が赤くなって汗をかくようになります。この時に、「汗をかくと熱が下がるから」といって、布団をかけて温めてしまうと、身体の中に熱がこもって、逆に熱が下がらなくなってしまいます。

 

顔が赤くなり、暑そうにしていたら、布団はタオルケットなど1枚程度にして、身体に熱がこもらないようにしましょう。

 

熱が高いようであれば、脇の下や足の付け根など太い動脈が通っているところを氷嚢などで冷やすと、熱を下げるのに効果があります。

 

頭やおでこを冷やすのは、熱を下げる効果はありません。ただ、熱が出て熱い時に、頭やおでこを冷やすと気持ちいいので、本人が気持ちよさそうにしているのであれば、おでこや頭を冷やしてあげると良いでしょう。

 

 

解熱剤は安易に使わない

9f166c46518d23eb11ae971531015f3f_s

 

熱が出ると、解熱剤を使って早く熱を下げてあげたくなるものですが、赤ちゃんや子供が熱を出している時は、解熱剤を安易に使うのはあまりおすすめできません。

 

最初に説明したように、発熱は身体の防御反応の1つで、細菌やウイルスの増殖を抑え、免疫力を上げてくれるものなんです。

 

小さな体で病原体と戦っているところに、解熱剤で強制的に熱を下げてしまうと、細菌やウイルスが体内で増殖し、病気を長引かせたり、悪化させる可能性があります。

 

解熱剤使用による体温低下は、抗体産生や炎症反応物質などの産生をおさえ、ウイルス感染が遷延化したり、動物実験では死亡率が上昇する。

 

引用:解熱剤について

 

ただ、高熱が続くと、体力が消耗するのは確かですから、高熱でグッタリしている、水分がなかなか飲めない、熱でぐずって眠れないなどの症状があり、38.5℃以上の熱がある時に使うようにしましょう。

 

子供に安全に使える解熱剤は、アセトアミノフェンです。

 

アセトアミノフェンという成分が最も安全です。
商品名では下記のものがよく処方されます。

カロナール、コカール、ピリナジン、アニルーメ、カルジール、
アンヒバ、アルピニー、アフロギスなど
市販薬の小児用バファリン

 

引用:子どもの発熱と解熱剤について|【かわぐちこどもクリニック】愛知県豊橋市の小児科専門医のいる小児科・アレルギー科。予防接種、健診、栄養相談などに対応。

 

 

熱性けいれんは冷静に対処を!

d39da9209cb2068f2a09a543d68fbfe0_s

 

子供が高熱を出すと、熱性けいれんを起こすことがあります。あなたは、自分の子どもが熱性けいれんを起こしたら、慌てずに対応できる自信がありますか?

 

熱性けいれんとは6歳未満の子どもに多く、特に1~2歳が発症のピークで、10人に1人の割合で発症するものです。

 

熱性けいれんは38℃以上の熱が出た時に、意識消失と共に全身がつっぱり、手足がピクピクとけいれんし、白目をむいて、顔面蒼白となるような症状が現れます。

 

たいていは2~3分で痙攣が消失し、元に戻ります。熱が出てから24時間以内に発症することが多いのですが、熱が出てから2~3日後に起こった場合は髄膜炎や脳炎の可能性があります。

 

さて、熱性けいれんが起こったら、あなたはどうやって対処しますか?「舌をかまないように口の中に割り箸を入れる」と思っていませんか?この対処法は完全に間違いです。

 

まずは、慌てずに観察しましょう。体温を測って、発作の継続時間や発作の時の症状などをしっかり観察してください。

 

そして、同時に頭を少しそらせて、呼吸をしやすい体勢にして、衣服を緩めてげましょう。嘔吐がある場合は、喉に詰まらせないように、顔を横に向けてください。発作中は薬や水をあげたり、大声で呼びかけたり、ゆすったりしないようにしましょう。

 

子供の熱性けいれんは良性のものが多いので、すべてのケースですぐに受診が必要というわけではありません。ただ、次のケースは小児科を受診しましょう。

 

1.けいれんが5分以上続く

  1. 2.初めて熱性けいれんを起こした
  2. 3.けいれんが起こる前から意識がおかしい時や、けいれんが止まってからも意識が戻らない時
  3. 4.1回の発熱でけいれんを2回以上起こした時
  4. 5.けいれんが左右対称でない時(片方だけのけいれんのとき)
  5. 6.目が一方だけに片寄っている時
  6. 7.けいれんの後にまひ(手や足、顔の一部などが動かせない)がある場合
  7. 8.はじめてのけいれんが6カ月未満または6歳以上で起こった場合
  8. 9.家族にてんかんの方がいる場合
  9. 10.発達障害・神経障害がすでにある場合
  10. 11.けいれんが起こる24時間以上前から高熱が続いていた場合

参考:熱性けいれん | よくある病気・その他 | にのみや小児科・ひふ科

 

特に、けいれんが5分以上続いた場合は、救急車を呼んですぐに受診した方が良いでしょう。

 

 

病院受診の目安は?

128227af79f7c92b2bf465bc963174ad_s

 

子供が熱を出した時に、病院を受診すべきか迷いますよね。子供が熱を出しても、すぐに小児科を受診しなければいけないわけではありません。

 

熱が出ていても、機嫌がよさそうだったり、子供が元気に遊んでいるのであれば、特に病院を受診する必要はないでしょう。

 

ただ、次のようなケースは小児科を受診するようにしましょう。

 

  1. 1.顔色が悪く、苦しそうにしているとき。
  2. 2.一晩中ぐずっているとき
  3. 3.元気がなく、ぐったりしているとき。
  4. 4.38℃以上の高い熱が出て、頭が痛いとか、吐くなどの症状があるとき。
  5. 5.意識がもうろうとしているとき。
  6. 6.苦しそうに呼吸をしているとき。
  7. 7.強い腹痛をうったえるとき。
  8. 8.熱性けいれんをを起こしたとき。(上記参照)
  9. 9.水分が取れない
  10. 10.おしっこが少ない
  11. 11.2~3日経っても熱が下がらない

 

これらの症状がある時は、小児科を受診したほうが良いでしょう。

 

 

まとめ

子供の発熱の原因や対処法、熱性けいれんの対処法、病院受診の目安をまとめました。子供が発熱するととても心配になりますが、パパとママが落ち着いて正しい対処をすることが、早く熱を下げるためには大切になります。

 

特に熱性けいれんが起こると、思わず割り箸を口に入れたり、大声で名前を呼びながらゆすったりしてしまいますが、そのような間違った対処法はせずに、落ち着いて対処してください。

HAPIETトップページに戻る

記事に関連するキーワード

関連する記事①

ed64e541cd51d4225bc1edfe140e33f8_s

授乳の4つの基本姿勢と7つのコツ!いつまでするのかも徹底解説

赤ちゃんに母乳をあげてる時に、「私、お母さんになったんだ」と母親になったことを実感して、幸せを感じる人が多いのではないでしょうか? 

honey-823614_640

はちみつの効果&赤ちゃんへの危険性!何歳から?離乳食もダメ?徹底解説します

はちみつは栄養満点の食品です。しかも天然の甘味なので、上白糖よりも健康に良いからと「ぜひ赤ちゃんにも食べさせたい!」と思って、離乳食などで赤

f0d2dce5f6bf3c4c9696a3cd7632740b_s-1-300x200

赤ちゃん(乳児)の便秘の6つの原因・9つの解消法まとめ!病気が原因の便秘も!?

赤ちゃん(乳児)が便秘になった場合、ママは「なんでうんちが出ないのかしら?」と不安になってしまうと思います。赤ちゃんの便秘を解消するためには

7968c2169e4b9a5ff5b317f959f90857_s-300x200

【睡眠不足】子供の最適な睡眠時間と寝ない時の原因や対処法まとめ【早寝早起き】

お子さんがなかなか寝なくて困っている、または寝ないことにイライラしてしまうパパやママはいませんか?子供が睡眠不足になると、成長に様々な問題が

53f745b399646f14f7a6d2b9c09cc62f_s-300x225

赤ちゃん(乳児)の鼻水の3つの原因・5つの対処法まとめ!【病院受診の目安は?】

赤ちゃん(乳児)が鼻水を出していると、ママは「何が原因だろう?悪い病気かな?」と心配になってしまいますね。   赤ちゃんの鼻水の原

関連する記事②

834b16f3f51ab326eba726635ecc326f_s

平熱の平均値&低い4つの原因と上げる方法10選まとめ!ダイエットのために平熱を上げよう!

ダイエットを頑張っているのに、なかなか思うように痩せないと悩んでいるあなたは、もしかしたら平熱がひくいのかもしれません。平熱はダイエットと深

4f8abcc1a8b2d81a85d7432929f72ed6_s

ストレートパーマの値段・持ち・時間!縮毛矯正との違い&失敗例と対処法まとめ

きれいなストレートヘア、憧れますよね。サラサラ&まっすぐなストレートヘアになるための方法の1つにストレートパーマがあります。 でも

3a5b7ed340dccb449d484c0a25ec3e80_s-300x199

自律神経失調症とは?症状と4つの原因、7つの治し方まとめ!【チェック一覧あり】

「最近、なんだか体調が悪い」という人はいませんか?すぐに病院を受診しなくてはいけないほどの深刻な症状ではないけれど、体調が優れないという人は

e023c522d87d65349cfc11f7933db5a9_s-1-200x300

不妊の原因に?卵管炎の原因・症状・治療法・予防法まとめ【クラミジアや淋病】

「下腹部が痛くて熱がある」という症状は、卵管炎かもしれません。卵管は骨盤内の臓器の中でも炎症を起こしやすく、卵管炎を放っておくと、将来的に不

woman-1130503_640

エラ張りの解消改善方法5選!なくすには整形で削るのが一番!?

小顔を目指す女性にとって大きなコンプレックスとなってしまう、エラ張り。改善するには直接エラを削ったりエクササイズをするのが効果的とされていま

記事へのコメント

HAPIETとは

HAPIET [ハピエット]は「女性のコンプレックスを解決する」がメインテーマの情報まとめサイトです。女性が美しくなるために必要な食事・運動・筋トレ・ダイエット方法、そして美容や健康全般に関する情報をまとめています。