8239488923a929b37410453831b11a22_s-204x300

【乳房の病気?】女性の胸の痛みの3つ原因と5つの病気まとめ【乳房以外の可能性も】

女性が胸の痛みを感じたら、どんな病気の可能性があるのでしょうか?「女性の胸の痛み」というと、まずは乳房の病気を疑います。でも、乳房の病気以外で胸が痛くなることもあるのです。

 

女性の胸の痛みの3つの原因と可能性のある病気5つ、さらに乳房以外の病気で胸が痛くなる病気をまとめました。

女性の胸の痛みの原因は女性ホルモン

女性の胸の痛みの原因は、女性ホルモンが関係していることが多いんです。女性の胸の痛みの3つの原因を説明します。

 

今からご紹介する3つの原因は、身体の反応として正常なものですので、特に病気ではありませんから安心してくださいね。

 

 

生理周期による女性ホルモンの変化

女性の胸の痛みの原因の1つ目は、生理周期による女性ホルモンの分泌量の変化です。個人差はあるものの、女性は約28日周期で女性ホルモンの分泌量が変化します。

 

karada_img_jp_02

出典:soka.ac.jp

 

女性はエストロゲンと黄体ホルモンが周期的に増減します。黄体ホルモンの分泌が増加すると、乳腺内の血管が膨張したり、乳腺組織が増加します。そのため、黄体ホルモンの分泌が増加する生理前になると、胸が張ったり、胸に痛みを感じることがあるのです。

 

 

妊娠出産によるホルモンバランスの変化

nyu_img01

出典:jcancer.jp

 

妊娠や出産によるホルモンバランスの変化が原因で、女性は胸の痛みを感じることがあります。

 

女性は妊娠期に胸が大きくなり、痛みが出ることがあります。妊娠期は、女性ホルモンの分泌が多くなることで、乳腺が発達しますので、胸が張って痛みが出るのです。

 

 

乳房の成長期

4b0f4c26dc4189abea1a2d3ecdbd1991_s

 

思春期の女子も、胸が痛くなることがあります。思春期になると、女性ホルモンがたくさん分泌されるようになります。

 

そのことで、胸が大きく成長するのですが、この時に胸の痛みが出たり、硬くなったり、しこりができたりします。またかゆみを感じる場合もあります。

 

 

女性の胸の痛み、可能性のある病気は?~乳房の病気編~

女性の胸の痛みの原因を3つご紹介しましたが、3つの原因は病気ではなく、身体の正常な反応によるものです。

 

でも、女性の胸の痛みの中には、病気によるものもあるんです。女性の胸の痛みを起こす可能性がある病気を5つご紹介します。

 

 

胸の痛み① 月経前症候群(PMS)

3c2101d374c4295dc712c680a44321dc_s

 

女性の胸の痛みを起こす病気の1つ目は、月経前症候群です。PMSと言ったほうがピンとくる女性が多いかもしれませんね。

 

月経前症候群(premenstrual syndrome:PMS)とは月経前緊張症ともよばれており、月経の始まる一週間から10日くらい前から、神経質・イライラする・情緒不安定・落ち込み・頭痛・浮腫・乳房痛などの症状が出現するさまざまなからだの不調や精神症状で、月経が始まると同時にこれらの症状が消失するのが特徴です。

 

引用:月経前症候群(PMS)・月経困難症 | 愛和レディースクリニック・伊丹市・産婦人科

 

先ほど、生理周期での女性ホルモンの変化で胸の痛みが起こるけど、それは病気ではないと言いましたが、この月経前症候群(PMS)もそれと同じメカニズムで起こっています。

 

ただ、この月経前症候群(PMS)はホルモンバランスの変化で、自律神経のバランスも乱れてしまうので、胸の痛みだけではなく、様々な症状が起こります。

 

 

<月経前症候群(PMS)の症状>

 痛み

 下腹部痛、腰痛

 乳房症状

 胸の張り、乳房痛

 消化器症状

 気分不快、吐き気、腹部膨満感、便秘

 神経症状

 頭痛、めまい

 皮膚症状

 ニキビ、肌荒れ

 水分貯留

 むくみ、体重増加

 呼吸器症状

 喘息の悪化

 精神症状

 イライラ、抑うつ、情緒不安定、集中力の低下

 

月経前症候群は、ホルモンバランスの変化による自律神経の乱れが原因ですが、ストレスを抱えていると悪化するとされていますので、月経前に胸の痛みやそのほかの症状が起こる人は、ストレスを溜めこまないようにしましょう。

 

 

胸の痛み② 急性うっ滞性乳腺炎

3ea5e62998d0897d5e9aa2a9347970da_s

 

急性うっ滞性乳腺炎は授乳期の女性に起こる病気です。授乳期の女性は、母乳を分泌しますが、赤ちゃんが母乳を飲む量よりも分泌量が多くなってしまったり、何らかの原因で母乳を上手く出すことができないと、乳房内に母乳が溜まってしまうことがあります。この状態が急性うっ滞性乳腺炎です。

 

乳房が腫大し乳房皮膚の静脈の拡張などが認められ、乳房の緊満感(きんまんかん)や疼痛を感じます。

 

引用:乳腺外科 | 川崎市立 井田病院

 

急性うっ滞性乳腺炎になると、乳房全体が赤く腫れて硬くなり、さらに痛みを伴うしこりができるのが特徴です。発熱もありますが、それほど高熱ではなく微熱程度になります。

 

急性うっ滞性乳腺炎は、搾乳をして乳房内に溜まっている母乳を出し切ったり、冷たいタオルなどで胸を冷やすことで、症状が改善します。

 

 

胸の痛み③ 急性化膿性乳腺炎

急性化膿性乳腺炎も授乳中の女性に多い病気です。急性化膿性乳腺炎は、赤ちゃんの歯が生えてきたころに起こりやすいんです。

 

赤ちゃんの歯が生えてくると、その歯によって乳首に小さな傷がつくことがあります。その傷から細菌が入り込み、乳腺で炎症が起こり、化膿してしまうのです。また、先ほどご紹介した急性うっ滞性乳腺炎が誘因となることが多々あります。

 

急性化膿性乳腺炎は、38度以上の高熱が出ると共に、乳房に激しい痛みと腫れが起こります。また、脇の下のリンパ節が腫れてしまうことも珍しくなく、基本的には抗生物質と鎮痛薬で治療をしますが、進行した場合は皮膚を切開して、膿を出す必要があります。

 

 

胸の痛み④ 乳がん

ae803b7b93fe06891bb01cc064949670_s

 

乳がんは近年患者数が増加しているがんで、日本人女性が発症するがんの中で最も多くなっています。

 

乳癌の症状は、90%以上は痛みを伴わない触知可能な硬い乳房腫瘤です。

 

引用:乳腺外科 | 川崎市立 井田病院

 

乳がんでは痛みが症状として現れにくいのですが、皮膚のひきつれによってチクチクとした痛みが出ることがあります。

 

また、炎症性乳がんは胸が赤く腫れて痛みが出ることがあります。

 

乳腺症を合併した場合や特殊なタイプの乳がん(炎症性乳がん)などでは痛みを伴うことがあります。

 

引用:乳がんについて|りょうクリニックホームページ

 

乳がんは発症数は多いものの、早期に治療を始めれば予後は比較的良いがんです。

 

<乳がんのステージ別の予後>

 ステージ(病期)

 5年生存率

 10年生存率

 Ⅰ期

 95%

 89%

 Ⅱ期

 88%

 76%

 Ⅲa期

 76%

 65%

 Ⅲb期

 66%

 47%

 Ⅳ期

 34%

 20%

出典:nyu-gan.jp

 

乳がんは早期発見・早期治療をすれば、怖い病気ではありません。乳がんの早期発見のために、乳がん検診は必ず受けるようにしましょう。

 

 

胸の痛み⑤ 乳腺症

611c149155711940aab003bc27f124c5_s

 

乳腺症は、乳腺にしこりができる病気ですが、この乳腺症のしこりは悪性ではなく良性ですので、転移することはありませんし、小さい状態なら特に治療をせずに経過観察を続けていくことになります。

 

乳腺症でのしこりは、黄体ホルモンの影響で生理前に大きくなって痛みが出てきますが、生理が始まると小さくなって痛みが消えるのが特徴です。

 

 

女性が胸の痛みを感じた時の対処法

 

6c6058e23f190c0c610b1fbbc57ed066_s

 

女性が胸の痛みを感じたら、病院を受診しましょう。最初にご紹介した病気ではない原因による胸の痛みの場合は、病院を受診する必要はありませんが、月経前症候群や乳腺炎、乳がんは病院を受診して、治療をしなくてはいけません。

 

では、胸の痛みは何科を受診したら良いのでしょうか?月経前症候群は婦人科、乳腺炎、乳腺症、乳がんは乳腺外科が最も適した診療科になりますが、もし何が原因で胸が痛いのかが分からない時は、婦人科と乳腺外科のどちらにも対応している「女性外来」や「レディースクリニック」を受診すると良いでしょう。

 

 

女性の胸の痛み、乳房以外の病気の可能性も!

 

272df42ac209f76ecae8e712668e4ec6_s

 

乳房の病気以外でも、胸の痛みが出ることがあります。胸の痛みが出る乳房以外の病気をご紹介します。

 

<胸の痛みが主な起こる病気>

 心臓・大動脈系の疾患

 狭心症、心筋梗塞、解離性大動脈瘤、心膜炎

 呼吸器系の疾患

 肺炎、肺塞栓症、自然気胸、胸膜炎

 消化器系の疾患

 逆流性食道炎、膵炎、胆嚢炎

 神経系の病気

 帯状疱疹、肋間神経痛

 精神的な疾患

 心臓神経症

 

これらは女性だけでなく男性も発症するものですが、突然の激しい胸の痛みに襲われ、さらにめまいや冷や汗、呼吸困難感などの症状が現れた場合、命に関わる病気の可能性が高いので、救急車を呼んでください。

 

耐え難いほどの痛みではないけれど、胸の痛みが続いているという場合は、救急車を呼ぶ必要はありませんが、早めに医療機関を受診するようにしてくださいね。

 

 

まとめ

女性の胸の痛みの原因と可能性がある病気をまとめましたが、いかがでしたか?女性は男性が発症する心臓や呼吸器系の病気による胸の痛みだけでなく、女性ホルモンによる痛みや女性特有の乳房の病気があります。

 

何が原因かわからない胸の痛みの場合は、「何が原因かわからないから」と放っておくのが一番危険ですので、女性外来やレディースクリニックを受診して相談しましょう。

HAPIETトップページに戻る

記事に関連するキーワード

関連する記事①

244506-300x300

【不妊の原因?】骨盤腹膜炎の原因や症状・治療法・予防法まとめ【再発しやすい?】

骨盤腹膜炎という病気を聞いたことがあるでしょうか?骨盤腹膜炎は、子宮や卵巣の炎症が原因で骨盤腹膜に炎症を起こした状態です。   骨

766c1a5f417e8807398eac5aa885e1a2_s-300x200

【月経】生理周期の正常範囲、短い時や長い時の原因3つと隠れているかもしれない病気まとめ

「私の生理周期は正常範囲かな?」と不安に思っている女性は多いと思いますので、まずは生理周期の正常範囲を知っておきましょう。   ま

acd3dbae5b2b5e64cd2a3e2d109f05bc_s

【低温期】生理前の基礎体温&測り方と測るメリットまとめ【高温期】

生理前の体温がどのくらいか、あなたは自分で把握していますか?女性は基礎体温を測っておくと、生理前に「それそろ生理が来るな」というのがわかるの

e023c522d87d65349cfc11f7933db5a9_s-1-200x300

不妊の原因に?卵管炎の原因・症状・治療法・予防法まとめ【クラミジアや淋病】

「下腹部が痛くて熱がある」という症状は、卵管炎かもしれません。卵管は骨盤内の臓器の中でも炎症を起こしやすく、卵管炎を放っておくと、将来的に不

3bd51795c009cd584ce3a3b063bf344c_s-300x200

膣の不正出血の原因と10個の病気・対処法・予防法まとめ【不妊?】

膣の不正出血があると、「何だろう?病気かな?」と心配になると思います。膣の不正出血は心配ないものもありますが、がんの症状の場合もあるんです。

関連する記事②

3bd51795c009cd584ce3a3b063bf344c_s-300x200

膣の不正出血の原因と10個の病気・対処法・予防法まとめ【不妊?】

膣の不正出血があると、「何だろう?病気かな?」と心配になると思います。膣の不正出血は心配ないものもありますが、がんの症状の場合もあるんです。

woman-1446734_640

口元のたるみを取る方法5選!たるむ原因も徹底解説

口元のたるみは老けて見えることから、悩んでいる方が非常に多いです。そんなたるみを取ることができたら、自分に自信を取り戻せますよね。 

taisya000

基礎代謝とは?その計算法や平均値・上げる方法まとめ【男性・女性共に年齢を重ねると下がる】

様々なダイエットを調べていると、必ずと言っていいほど出てくる言葉が、「基礎代謝」です。この基礎代謝って具体的にどんなものなのでしょうか?&n

%ef%bc%91

10代女性のダイエット方法!安全確実に痩せる方法まとめ

10代女性のダイエット方法をお探しですか? もしもあなたが10代なら、ダイエットでキレイになることはとても重要な要素だと思います。

b03a74a83e83986b678864e21b452659_s

頭皮がかゆい6つの原因・9つの対策まとめ【頭の皮脂や乾燥】

頭がかゆい!と悩んでいる人はいませんか?頭皮がかゆくて、ついついかきむしってしまうという人もいますよね。 頭皮がかゆい原因と対策を

記事へのコメント

HAPIETとは

HAPIET [ハピエット]は「女性のコンプレックスを解決する」がメインテーマの情報まとめサイトです。女性が美しくなるために必要な食事・運動・筋トレ・ダイエット方法、そして美容や健康全般に関する情報をまとめています。