96fd876b0990df0e24fdaf7fe0c1667b_s

血糖値の正常値とは?低い6つの原因&上げる4つの方法まとめ

血糖値の正常値はどのくらいでしょうか?血糖値が高いと糖尿病になることは、皆さんご存知だと思いますが、血糖値が低くなりすぎることも問題なのです。最悪の場合、死に至ることもあります。

 

血糖値の正常値や血糖値が低い原因、血糖値を上げる方法をまとめました。過激なダイエットをしていると、低血糖になってしまうこともありますので、低血糖についての基礎知識を学びましょう。

血糖値の正常値は?

cf0a80cde3e50f9578855dd625369755_s

 

血糖値の正常値はどのくらいでしょうか?血糖値を気にする時は、「高くないかな?」とか「糖尿病じゃないかな?」と不安になることはあっても、「低すぎるかも?」という心配をする人はあまりいませんよね。

 

一般的に高血糖を心配しても、低血糖を心配する人はいないので、血糖値の正常値の上限は知っていても、下限を知っている人は少ないかもしれません。

 

空腹時血糖値の正常範囲は以下の通りです。

 

70~109mg/dl(100~109 mg/dlは正常高値)

 

基本的に、血糖値は下がり過ぎないように調整されています。血糖値を下げるホルモンは、インスリン1種類しかありませんが、血糖値を上げるホルモンはグルカゴン、アドレナリン、コルチゾール、成長ホルモンなど複数がありますので、これらのホルモンの影響で、一定以上は下がらないのです。

 

ただ、何らかの原因で、血糖値が70mg/dl未満に下がってしまうことがあります。70mg/dl未満に下がってしまうと、低血糖に分類されるのです。

 

 

低血糖の症状

低血糖の症状は、血糖値によって異なります。また、無自覚低血糖といって、低血糖になっているにもかかわらず、なかなか自覚症状が現れず、命の危険があるところまで血糖値が下がって、意識障害やけいれんなどの深刻な症状が突然出ることもあります。

 

hypoglycemia2

出典:uemura-clinic.com 

 

50~70mg/dl・・・異常な空腹感・あくび
40~50mg/dl・・・だるい・無表情・会話の停滞・学習力減退
30~40mg/dl・・・冷や汗・脈が速い・腹痛・振るえ
20~30mg/dl・・・奇妙な行動・意識喪失
20mg/dl以下・・・痙攣・深い昏睡

 

引用:山内クリニック/糖尿病/内科/生活習慣病/自由が丘/目黒/世田谷 – 糖尿病とは?

 

このような症状は、必ずしも出るとは限りませんが、けいれんや深い昏睡などの重篤な症状が出てくると、命の危機に面しているので、すぐに救急車を呼んで病院で治療しなければいけません。

 

 

血糖値が低い6つの原因

血糖値は、基本的には70mg/dl未満になることはありません。先ほども言いましたが、体は血糖値が下がり過ぎないように調節しているからです。

 

でも、ちょっとした原因で、血糖値が下がりすぎてしまうことがあります。血糖値が低い原因は6つあります。激しいダイエットをしている人は要注意ですよ。

 

 

不適切な食事

20b83031eee2fb216c1d412852230b0e_s

 

血糖値が低い原因の1つ目は、不適切な食事をしていることです。ダイエットをしようと思って、食事をほとんどとらない、カロリー制限をする、糖質オフの食事を摂るという食生活を送っている場合は、血糖値が低くなります。

 

なぜなら、血糖値を上げるための炭水化物を取らないからですね。いくら、体には血糖値を下がり過ぎないようにする機能があると言っても、原料となる糖分がなければ、血糖値を維持することはできません。

 

そのため、血糖値が下がりすぎてしまうことがあるのです。また、忙しくて食事と食事の間隔があきすぎてしまうことでも、血糖値が低くなることがあります。

 

 

大量のアルコール

c8229527b474220f57969062c1b85eb6_s

 

大量のアルコールを飲んでいる人も、血糖値が下がりすぎてしまうことがあります。お酒は長い目で見ると、糖尿病の原因となるものですが、飲んだ後は一時的に血糖値が下がることがあります。

 

アルコールは肝臓で分解されます。また、肝臓は糖をグリコーゲンとして貯蔵している臓器です。低血糖になりそうになったら、いつもなら肝臓からグリコーゲンを糖として分泌することで、低血糖を予防しているのです。

 

でも、アルコールを飲んで、肝臓がアルコールを分解することで忙しくなってしまうと、グリコーゲンを放出する余裕がなくなるので、血糖値が低くなりやすいのです。

 

 

運動のし過ぎ

05b295f07e28e3ee541945798c5279c7_s

 

運動をし過ぎることでも、血糖値が低い原因の1つです。無酸素運動をすると、筋肉内のグリコーゲンがエネルギーとして使われます。さらに、有酸素運動をすると、血液中の糖分がエネルギーとして使われます。

 

そのため、突然運動をすると、体の中の糖分がエネルギーとして使われ過ぎてしまうので、血糖値が低くなってしまうのです。

 

張り切ってダイエットを開始した人は、この運動のし過ぎで低血糖になることもありますので、注意が必要です。

 

 

反応性低血糖

bfeb119090f14e564e4c17b45ece265e_s

 

反応性低血糖は、膵臓からインスリンの分泌が遅れることで、食後4時間頃に起こる低血糖のことです。

 

通常は、血糖値が上がると同時にインスリンが分泌されて、速やかに血糖値を下げます。でも、インスリンの分泌が遅れると、食事後に血糖値が異常に高くなってしまい、その後はようやくインスリンが分泌されるので、少しずつ血糖値が下がります。

 

でも、分泌が遅れているので、正常値内に血糖値が下がっても、インスリンの分泌が終わらずに、正常値内からさらに血糖値が下がってしまうことがあります。

 

 

不適切な糖尿病治療薬の使用

09e5ffb1478c6f46ec92a9255b1cf979_s

 

不適切な糖尿病治療薬を使用することも、血糖値が低い原因になります。糖尿病の患者さんは、内服薬やインスリン注射を用いて、血糖値を低くしようとしますよね。

 

でも、「具合が悪くて食事が取れなかったのに、いつもと同じ量の薬をんだ」、「間違えて多く飲んでしまった」、「インスリン注射の部位を揉んでしまった」などの不適切な使用をすると、血糖値が下がってしまうことがあります。

 

糖尿病の患者さんは、血糖値が高いのですが、ただ高いだけでなく、血糖値が不安定になりやすいですし、医師の指示通りに薬を使用しないと、血糖値が下がりすぎてしまうリスクがあります。

 

 

低血糖になりやすい体質

3204070bfba3ac0a2e97b34ea9a42094_s

 

低血糖になりやすい体質というものもあります。低血糖になりやすい体質の人は、胃下垂、胃酸過多症、貧血、アレルギー体質、先天的糖尿病体質などです。

 

これらに当てはまる人は、血糖値が下がりやすいので注意が必要なのです。

 

 

血糖値を上げる4つの方法

血糖値が低くなりすぎると、悪心や倦怠感、あくびなどの症状が出始めます。それを放っておくとさらに血糖値が低くなり、意識混濁、けいれん、昏睡などの深刻な症状が現れて危険です。

 

そのため、血糖値が下がり過ぎた時に、速やかに血糖値を上げられるように、血糖値を上げる方法を4つ知っておきましょう・

 

 

糖分のあるものを食べる

1657b974802e538c25f8d53bebc62f7e_s

 

血糖値を上げる方法の1つ目は、糖分が入っているものを食べることです。具体的には、砂糖です。砂糖を食べると、数分で血糖値が上がります。

 

反応性低血糖などでどうしても血糖値が下がりやすい人は、スティックシュガーを数本持ち歩くようにすると安心です。また、「砂糖はちょっと…」という人は、甘いジュースでもOKです。

 

とにかく、砂糖が入っているものを食べるようにして下さい。

 

 

シックデイの対処を決めておく

a379356aa4e19715a30d4ef103304469_s

 

シックデイとは糖尿病の患者さんが、他の病気にかかった時のことです。糖尿病の人は血糖降下薬やインスリンを使って血糖値をコントロールしていますが、病気になると食事が食べられなくなります。

 

食事を食べられないのに、いつも通り内服したりインスリンを使っていたら、血糖値が下がりすぎてしまいます。

 

また、もともと糖尿病の患者さんは血糖値が不安定なので、風邪などの体調不良になると、血糖コントロールが乱れやすいのです。

 

血糖コントロールが乱れると、風邪、発熱、下痢などの病気も治りにくくなり、そのことがさらに血糖コントロールを悪化させるという悪循環になります。原因となった病気への対応が遅れたり、誤った自己治療をすると、場合によっては危険な状態になることもあります。

 

引用:Sick day(シックデイ)とは?   よくわかる糖尿病講座   赤池循環器消化器内科

 

シックデイはどうすべきかは、必ず主治医と対処を決めておきましょう。

 

 

1日3食しっかり食べる

ad166ab69108988bc7bf4cf4a83d1c7f_s

 

血糖値を上げる方法の3つ目は、1日3食しっかり食べるようにしましょう。ダイエットの時でも、1日3食しっかり食べるようにしなければいけません。

 

1日3食しっかり食べると、体に血糖値を維持するための糖分がきちんと供給されますので、栄養のバランスを考えて、バランスよく食べるようにしてください。

 

 

間食にはタンパク質を

0913bf3733bc7b8ca2c422eeced8723b_s

 

血糖値が下がりやすい人は、間食にはタンパク質を摂りましょう。タンパク質はゆっくりと血糖値を上げてくれる栄養素なので、血糖値が下がりやすい人は、タンパク質を摂っておくと、血糖値が乱高下せずに、一定の値を保ちやすくなるのです。

 

ダイエットには筋肉の原料となるタンパク質が必要になりますので、間食には卵や乳製品、大豆製品などタンパク質が豊富なもの食べるようにしましょう。

 

 

まとめ

血糖値の正常範囲と血糖値が低い原因、血糖値を上げる方法をまとめました。血糖値が下がりすぎると、低血糖の症状が現れますので、血糖値が下がりやすい人は、上げる方法を確認して、必要なら、スティックシュガーなどを持ち歩くようにしてください。

 

激しいダイエットをしていると、血糖値が下がりやすいですから、ダイエットの頑張り過ぎには注意しましょうね。

 

HAPIETトップページに戻る

記事に関連するキーワード

関連する記事①

BMI

BMI計算式から男性と女性の標準理想体重を知る!体脂肪率・年齢・身長との関係もまとめ

BMIでいう男性と女性の理想体重について、注意点とともにまとめています。 この記事ではBMIの基本的な知識や計算式、BMIでいう理想体重をダ

b008580fc0413b0a58c75ff94d2cd25d_s

シンデレラ体重のBMIは?計算式や痩せすぎ危険の理由まとめ

シンデレラ体重という言葉を聞いたことがありますか?若い女性の間で、シンデレラ体重はダイエットの目標となっています。ただ、シンデレラ体重は痩せ

53834d3d7a271b11570e1e7a27acc8a8_s

若返りホルモンの美容・ダイエット効果&5つの増やし方まとめ

「アンチエイジングをしたい」、「若返りたい」、「若く見られたい」、これらはすべての女性の願いですよね。 実は、この願いをかなえるた

13129822_125579434513614_1836042750_n

皮下脂肪の落とし方とは?多い原因や減らす5つの方法を徹底解説【運動による脂肪燃焼と食事が大事!】

皮下脂肪は、いわゆる見た目のスタイルを悪くしている脂肪です。皮膚の下につくので皮下脂肪と呼ばれます。内臓の周りに着く内臓脂肪と構造は同じです

1da4c6f27b19a4ae1fe2f42e30058265_s

脂肪を筋肉に変える方法!重さの違いも徹底解説

脂肪と筋肉はどちらが重いか知っていますか?皆さん、脂肪よりも筋肉が重いというのは、ご存知かもしれません。 また、スタイルが良くなる

関連する記事②

sand-465724_640

足のサイズの正しい測り方と平均まとめ【足長・足幅・足囲】

靴を選ぶとき大切なのが、正確な足のサイズを把握し、きちんとあったものを選ぶことです。靴選びは健康をも左右すると言われていますが、意外と自分の

02b25471858722f8de9a9c7cd1728b86_s

頭皮にできもの!その種類と6つの原因&頭のニキビ7つの対策まとめ

頭皮にできものができた場合、「これってニキビかな?」、「どうやって治せば良いんだろう?」と疑問に思いますよね。何より、頭皮のできものは痛かっ

5hPDEzDk

春香クリスティーンの体重・身長・ダイエット方法!痩せた秘訣を大公開!

昨年末に放送された「人気芸能人にイタズラ!仰天ハプニング120連発」で、現在の体重を全国ネットで公開されてしまった春香クリスティーンさん。&

小豆1

【あずき】小豆ダイエットの5つの効果・方法・作り方とレシピまとめ

小豆ダイエットの情報をお探しですか? 小豆ダイエットは小豆を食べるのではなく、煮汁を飲むダイエット方法になります。ちょっとしたダイ

プリント

【PMS】生理前の吐き気の原因&5つの対策・改善方法まとめ

生理前になると、気持ち悪くなってしまう、吐き気がして食欲が低下するという人はいませんか?「生理前だから、仕方がないか」と諦めるのはまだ早いで

記事へのコメント

HAPIETとは

HAPIET [ハピエット]は「女性のコンプレックスを解決する」がメインテーマの情報まとめサイトです。女性が美しくなるために必要な食事・運動・筋トレ・ダイエット方法、そして美容や健康全般に関する情報をまとめています。